TO ADVERTISER

広告主様・代理店様へ

logly liftは媒体の「トンマナ」に合わせて広告を配信する日本初の「ネイティブ広告プラットフォーム」です。
ネイティブ広告は、広告枠が媒体のデザインと一体化し、ユーザー体験を損なわずに広告を見せることができる
新しい広告手法です。従来の広告では反応しなかったユーザーにメッセージを訴求することができるようになります。

ターゲティング

広告の配信は、ログリーの独自テクノロジーを用いた、「コンテクスチュアルターゲティング」や「オーディエンスターゲティング」など、広告主様のニーズに応じて適切なターゲティング方法を選択することができます。また、フリークエンシー、時間帯指定、そして、デバイス指定などを組み合わせることで高度なターゲティング配信が可能になります。

コンテクスチュアルターゲティング配信

広告のランディングページの文脈内容とマッチしている媒体のページに広告を配信します。例えば、女性向け化粧品についてのコンテンツからなるランディングページの場合には、化粧品情報のページや女性のビューティーに関するページなどに広告が表示されるようになります。媒体側では内容にマッチした広告が表示されているため、ユーザーは関連するコンテンツとして広告を閲覧するようになります。

媒体タイアップコンテンツ、オウンドメディアのコンテンツ、ブランデッドコンテンツなどをネイティブ広告として配信することに向いています。

コンテクスチュアルターゲティング配信

オーディエンスターゲティング配信

ユーザーの興味に合わせて広告を配信します。ターゲットとするユーザーの選択は、興味カテゴリから選択したり、サイトに訪問したユーザーから選択したり、商品購入ユーザーを拡張して選択したりすることができます。

参考:NTTデータと共同で潜在顧客ターゲティングモデルを開発

コンテクスチュアルターゲティング配信が枠に合わせて配信する手法に対して、オーディエンスターゲティングは人に合わせて配信する手法です。ターゲットが明確になっている場合などに有用です。また、DMP(Data Management Platform)と組み合わせることで、任意のオーディエンスに配信することもできます。

オーディエンスターゲティング配信

インサイト

媒体タイアップコンテンツやオウンドメディアのコンテンツなど、ネイティブ広告として配信するコンテンツを評価するためのツールを無償で提供しています。複数入稿した広告のランディングページを「集客」、「熟読」、「興味喚起」、「獲得」の4つの指標を用いることで、クリエイティブのインプレッション数やCTRだけではなく、ユーザーが訪れたランディングページ内での行動から広告のパフォーマンスを評価することができるようになります。

例えば、クリエイティブのCTRのみで評価している場合、CTRが低いと配信を停止したり、クリエイティブを変更したりしていました。インサイトを用いることで、CTRは低いけれども、熟読性や興味喚起度合いが高いため、配信を継続するといった判断ができるようになります。

また、獲得が発生していなくても、熟読性が高いため、ユーザーの認知はとれているから、次はユーザーの理解を深めるコンテンツを配信していこうといった戦略を考えることもできるようになります。

インサイト

分析レポート

ネイティブ広告の配信結果はもとより、リーチしたユーザーの興味カテゴリ、興味・関心キーワード、そして、広告接触後のブランドサイト再訪状況など、さまざまな確度からキャンペーンの目的に合わせた分析レポートを行います。KPIとの比較など、マーケティングの効果分析としてご利用いただくことができます。

分析レポート

logly, Inc. © Copyright, All Rights Reserved