Canva(キャンバ)とは!?誰でも簡単に無料でデザイン制作ができる!最新使い方レポート!

2021年4月20日
井上翔太
OPTIO

ご訪問いただき誠にありがとうございます。
マーケティングに役立つツールの紹介や使い方について発信しているWebマーケハックコーナーです。
マーケティングチームが実際に活用して役立つと思ったツールやサービスのみ紹介します。

マーケハックnoteでは、以下のようなお悩みを抱えた方々に向けて発信しております。

  1. 動画編集やデザイン制作ツールが使いこなせない
  2. LPやブログ、事例など特定ページやディレクトリの改善がしたい
  3. 無料ですぐ使えるツールと、その利用方法を知りたい
  4. ツールを活用している時間がなく、人手も足りない
  5. アイディアはあるが、それを形にできない

上記1つでも当てはまるようでしたら読み進めていただけましたら幸いです!

記念すべき第一弾は【オンラインで使える無料のグラフィックデザインツール”Canva”です!】

Canvaとは

Canvaは、多くの国や地域で活用されているグラフィックデザイン制作ツールです。

主な機能として、ドラッグアンドドロップ機能や多くのテンプレートやアイテムを使用して、SNSや動画、名刺、ロゴ、プレゼンテーションなど様々なデザインの共有やダウンロード、印刷、サイト内埋め込みなど活用できます。

実際に登録して利用してみましたが、非常によくできたツールで今後もっと多くの方に利用されるツールだと思います。日本国内では認知が低いため、知らない人、知っていても利用していない人が多くいると思います。

そこで今回はマーケハックnote記念すべき第一回目で紹介させていただき、Canvaの認知向上および読者のお役に立てたらと思います。

Canvaの特徴

実際にツールを利用してみて感じたCanvaの特徴をまとめました。

  1. 素材やデザインテンプレートが無料でも豊富でデザイン着手開始のハードルが低い
  2. デザイン制作に必要なアイテムが多数用意されている
  3. 制作したものをダウンロードしたり、サイトに埋め込める

素材やデザインテンプレートが無料でも豊富でデザイン着手開始のハードルが低い

公式サイトによると70,000点を超える目的別に用意されたデザインテンプレートがあるそうです。以下動画を御覧ください。想像以上のテンプレートが用意されていることに、皆様驚かれると思います。

我々もそうでしたが、、デザイン知識が無い人で陥りやすい部分として、

1.デザインセンスが無いと思い着手すらできない
2.デザインのカッコよさをイメージしすぎて着手できない
3.実際にデザインしたイメージがわかず着手できない

という、そもそも手を付けられない問題に直面した人も多いのではないでしょうか。

Canvaであれば、素材やデザインテンプレートが無料でも豊富でデザイン着手開始のハードルが低いため、始めてみよう!というデザイン制作におけるハードルをグッと下げる効果があると思います。

デザイン制作に必要なアイテムが多数用意されている

アイテムとは画像だけではなく、スタンプのようなアニメーションから動画など様々なアイテムがあります。

例えば以下のように動きをつけたデザイン制作が簡単にできます。

上記は以下のように左側にあるアイテムからドラッグアンドドロップを行い、アニメーションを追加しています。

テキストも自由に差し込み、フォントやサイズ設定が可能です!

制作したものをダウンロードしたり、サイトに埋め込める

作ったデザインを活用するにはデータダウンロードやサイトへの埋め込み、共有など利用シーンに応じて様々です。
Canvaでは自動保存されたデータを簡単にデザインを活用できます。

テキストの追加やドラッグアンドドロップによる背景や、画像、動画、アニメーションを活用したら画面右上からダウンロードや共有などができます。

以下動画をご覧ください。

共有や印刷、他ツールとの連携が簡単にできます。

デザイン制作を【企画から制作、活用まで】オールインワンで提供されているCanvaはおすすめです!

GoogleアカウントやSNSアカウントを連携させてできるので、少しでも興味がある方はまず触ってみてください!

オンラインで使える無料のグラフィックデザインツール”Canva”はこちら!

Canvaを活用して動画制作する方法を以下記事にまとめましたので、動画編集や制作にご興味ある方はご覧ください。

動画編集もできるCanva!無料で簡単に動画編集する方法

Canvaを活用応用編(自社サイトでポップアップ化)

最後にCanvaで制作したデザインをリード獲得やページ誘導などに活用する方法を紹介します!

まずはCanvaのテンプレートを活用して動画を制作します。(制作方法は別途ご紹介)

制作した動画をYouTubeへアップロードします。


以下のようにCanva上でHTML埋め込みコードを発行することができ、この埋め込みコードを活用することができます。

上記データをOPTIO(オプティオ)を通じてデータを入稿します。

Canva制作コンテンツの入稿方法は以下動画で紹介しています。

上記のように設定することで、以下のような動画ポップアップをさせてコンバージョン獲得まで実現できます!

今までは動画を自社サイトに埋め込むか、広告やSNS投稿に活用するのにとどまっていた方が多いと思います。

自社サイトに足りない情報をCanvaで動画やプレゼンテーションスライドを制作し、そのデザインをオプティオを活用して自社サイト内ポップアップさせることで、来訪ユーザーに情報伝えにいくことができます!

Web制作会社やエンジニアに依頼せずにマーケティングチームのアイディアを簡単にスピーディに実現したい方は以下までお問い合わせください!

著者紹介
井上翔太
井上翔太
ログリー100%子会社クロストレックスの取締役、兼OPTIO(オプティオ)のプロダクトマネージャーの井上です。OPTIOの開発企画、マーケ、営業、CSをすべて担当し、お客様を成功に導くために日々奮闘中!