TECHNOLOGY

ログリーのテクノロジー

ログリーでは日本のあらゆるWebサイトの内容を理解する技術を開発しています。
日々増え続けるWebサイトの量に瞬時に反応し、コンテンツの文脈を分析します。
そして、分析した内容はレコメンドエンジンや広告配信に応用しています。

コンテンツの文脈を理解する技術

ログリーのもつ文脈を理解する技術は、自然言語処理と機械学習を組み合わせた独自のアルゴリズムによってあらゆるWebサイトを解析し、機械がその内容を理解することができるようになります。現在日本のWebサイトの8割以上を解析することができ、どのサイトが何について言及しているのかを把握しています。

コンテンツを増幅

この技術は、文書からキーワードとキーワードの関係性を抽出し、文書を数学的な意味グラフに置き換えます。これにより特定キーワードの出現回数に依存せずに文書の本質を捉えることができるため、微妙なニュアンスの文書でも的確に内容を把握することができるようになるのです。

ログリーではこの技術を用いてレコメンドエンジンや広告配信の最適化を行っています。
特に、ネイティブ広告では従来の広告と違い、媒体でのユーザー体験に合わせた広告の配信が重要です。それを実現するには、企業がユーザーに役立つコンテンツを提供する必要があると同時に、そのコンテンツを配信する際に媒体文脈にマッチした配信が必要となります。

ログリーの文脈解析技術は「LOGLY lift」のネイティブ広告配信において「コンテクスチュアル・ターゲティング」という配信技術で提供しており、圧倒的なパフォーマンスを実現しています。

広告配信最適化機能

特許技術を利用した広告配信最適化機能

独自の解析技術を用いて広告配信媒体を選定し、最適化して配信します。これによってLOGLY liftにおける広告成果を最大化させることができます。マイクロコンバージョン計測と併用することで、さらに効果を増加させることが可能です。すべての広告主様が本機能をご利用いただけます。

ターゲティング手法

インテントキーワードターゲティング

Cookieに依存しない新時代のターゲティング手法です。
当社の強みであるコンテキスト解析技術を応用したもので、コンテンツ文脈から特徴的なキーワードを抽出し、キーワード単位でコンテキストターゲティングが可能です。広告主が任意のキーワードを指定することで、関連性の高い媒体に広告を配信することができます。